すっかり萎え萎え
d0083686_3204328.jpg(写真は今日見に行ったムンク展。
「叫び」は展示してなかったけどーーー
まぁ、気分はこんな感じっす)


サボってフリーズしていた部分もあるのだが、
どうも韓国系の音楽に萎えがちな今日この頃。
萎えてます! どうしようもなく、萎え切っております・・・。
事の発端は、この記事
パク・ジニョン、Rainでこりたかと思ったのに、
なかなかへこたれない男だ。






私は、イム・ジョンヒは、アリシア・キースをパクリ過ぎているのが気になってはいたけど、
パンチがある歌い方はそれなりに歌唱力もあるし、デビュー当時にはゲリラ路上ライブと
かやっていて、それなりにおもしろいなぁ~と思っていた。
が、しばらくメディアに出てこないなぁ~と思ったら、アメリカ留学していたらしい。
しかも、その仕掛け人がただでは転ばないPだったというわけだ。
アメリカが大好きなPは、ポストRainにしようと、あらゆるコネと金を使ったんだと思うのよ。
で、そこに絡んできたのが、OUTKASTなんだぜ・・・(涙)。
夏の終わりにこのニュースの一報を聴いた時からいやなかおりはしていた。
だってPがらみでしょ・・・。
「韓国のディーバ」だの「韓国のセクシーシンガーと米国R&Bの面々が評価した」なんて
マスメディアが報道しておったが・・・名を連ねている名前を観て、
「こりゃ、その場にいて、ちっこくて背伸びしているアジアの姉ちゃんに色目使っただけだ
わな、あいつら・・・」と^^; だって、ウータンとかなんだよぉ^^;

さらに、OUTKASTが絡んだって曲を聴いて、さらにMVを観て、バンジージャンプ並み
に再び萎えました・・・。プロデュースしたって、嘘だわね。Pの工作で多額の資金で
クレジット協力しただけだわな、って感じの超ベタな韓国系R&Bなメロディ・・・。
Big BoiにPがイム・ジョンヒを紹介するシーンから始まるMVを観た時には、あまりの
ダサさに、脳が溶けそうだった・・・。ギャグにもならないダサい作り。Big Bioもよく
こんなんOKしたもんだ・・・。Big Boiは曲に絡むだけではなく、ただ、象徴として
チラリと出てくるだけ・・。あんだ?こりゃ?
まぁ、OUTKASTっていっても、今回絡んでいるのは、Big Boi先生。
Big Boiはミュージシャンというよりも最近は実業家。お金が大好きだしね、彼は^^; 
音楽的には、バレエ団の曲を作ったりと、遊んでいるというよりも迷走している気配も
あるから、しかたないけど・・・。
愛しのアンドレ様とPが絡むのだけは絶対にやめてほしいものだ。

それにしても、OUTKASTと絡んだ意味がまるでない曲なのに、OUTKASTを看板
にしてまで、アメリカにこだわる韓国音楽。日本じゃ最近、東京にも出ていかない、
という地元密着なミュージシャンも増えているが、かの国はいまだに"全米デビュー"
にこだわっている。
なんか、アメリカのR&BやHIPHOPに面白みを感じられなくなっている自分としては、
なんか温度差を感じて非常に萎えてしまった象徴的な出来事だった。
外に出るよりも国内の音楽普及問題をどうにかしないと不味いんでないの?

ということで、しばらくはリハビリ中にて、ローぺースになります・・・。
[PR]
by tongkun | 2007-12-23 03:14 | なえごと
<< 今年最後は、一輝〆^^ 新譜タイトル曲評 >>