事件現場は、ナント!
d0083686_20512228.jpg
いやいや、超話題作、観ちまいました^^;
「話題作はね・・・」とか「キムラのはね・・・」という先入観を持ちがちな
自分こそ、偏っているのかも、なんて思う部分もあり^^;
だって、なんだかんだ「織田はね・・・」、「話もベタだしね・・・」、「CXモノ
はなんかね・・・」といいつつも、「踊る大走査線」も「アンフェア」も
嫌いじゃない自分がいたりして・・・^^;
と、くだらないいい訳が長くなりましたが、行ってきましたよ「HERO」。
いや、マジで大人げないんだけど、キムラが生理的にダメな私には
かなりハードル高いんだけど、小日向・勝村・阿部ちゃん・香川に
岸部一徳さま、中井貴一が出るとなったら、やっぱり観たいし・・・。
あ、それにオレ様もだわ(爆)。
実は、私・・・。学生時代の頃、中井貴一の「ビルマの竪琴」に痛く感動し、
理想のタイプが結構長い間、中井貴一だったという恥ずかしい過去を
持っております(笑)。決して、「ふぞろいの林檎」などの中井貴一では
なく、「ビルマの竪琴」の中井貴一だったということをお間違いないように^^;



d0083686_20505892.jpg

さて、「HERO」の感想は、って、まぁ、よく出来ています。
すべてはキムラを想定して主人公を作っているので、キムラは演技
しなくてもいいし。これって、「踊る~」と同じ手法だよね。

しかも、周りにあまりにいい役者を揃えているので、それだけで
雰囲気は持ってしまうってヤツです。

でも正直、キムラVS幸四郎は、幸四郎の勝ちかな、と。
存在が違うよね・・・やっぱり^^;
そんなに幸四郎好きではありませんが、幸四郎と児玉清のツーショット
はすてきだったかも^^
個人的には、香川照之VSキムラも香川の勝ちかな、と。
ファンとしてはもう少しイヤミでしつこく、物分りの悪い特捜であって
ほしかったけど、こういう役者と絡ませると、差が如実に出ます。

あ、そうそう、韓国のシーンは、韓国好きなら結構笑えます^^;
私は、韓映画・ドラマ好きの友人と言ったので、このシーンには
かなり爆笑。言葉とかの選び方とか、結構ツボを心得ていて、苦笑
しちゃう感じかと思われます^^; あ、オレ様は、「えええええ?
それだけ???」ってぐらいでしたが、まぁ、ほどよい存在感をかもし
出しておりました(笑)。

さて、私がこの映画で、思わず集中してしまったのは、
役者でも韓国シーンでもなく、事件現場・・・・^^;
だって、事件現場設定が、うり地元なんだもん(笑)。
事件現場確認のシーンで、電信柱にうっすら見える、住所表示をみて、
「あれれ??? うちからメチャ近い・・・」
と・・・。でも、その現場には一切、見覚えがない。
ストーリーよりも現場が気になってしまい、さらに、また現場近くの
シーンが出ると、今度は別の電信柱にも同じような住所表示が、
で、さらに「駅まで000m」みたいな、うちの近くにもあるような看板まで
登場。????? うむ、明らかにうちの近くにありそうな証拠品が
いっぱいなのに、まったく見覚えがない現場・・・・・。

映画を終わった後も現場が気になり、家からちょちかだったこともあり、
現場を訪ねてみたら!!!!!!
なんとそこは、「世田谷警察署」!!!!!
やられました(笑)。
やっぱりあれは架空の現場だったんだね、騙されたよ・・・(笑)。
小道具にもこだわる映画だとは聞いていたので、地元民なのに、
まんまと引っかかりました^^;
まぁ、警察署ってところが、オチなんすかね^^;

個人的には、ストーリーよりもそんなことが気になった作品だったかも^^;
[PR]
by tongkun | 2007-09-25 20:51 | 映画
<< オレンマネヨ@YDG くどいよ"愛嬌&qu... >>