E原的に言うと・・・
d0083686_2127221.jpgどうも昔から、革命モノに弱い・・・。もしかしたら、E原とかM輪さま的にいえば、私は前世、国家権力に反抗する活動家だったのかもしれない。あ、でも、決して志が高いとか、思想があるとかそんなわけじゃーぁ、ありません。とにかく、意味もなく本や映画でハマってしまう70年安保や赤軍派ネタ。たぶん、高校時代の担任が、メチャメチャその手のタイプで。たぶん学生時代に、密かに爆弾とか作っていたに違いないヤツで^^;、さらに、アメリカの基地が近い街だったせいか、授業もそっちのけで、その手のことを刷り込まれたせいかもしれない^^;
で、去年から長期撮影をしていた、「화려한 휴가(華麗なる休暇)」がついに公開になる。
百恵ちゃんの結婚間近、私がまだマッチやトシちゃん(・・・・^^;)に萌っていたころ、韓国は民主化を求める活動が、もっとも激化していたとき。韓国の歴史をほとんど学ばない日本では、こんな事件が隣の国であったなんて、大人になってから知った。詳しく知ったのは、ミンスの「モレシゲ」のおかげだったかもしれない。
そう、あの光州事件を題材にしたこの作品。ストーリーはもとより、配役もなかなかでかなりみたい作品だ。




イ・ジョンギはどうでもいいけど、キム・サンギョンの設定がタクシーの運転手って当たりもかなりツボ^^; 風貌が「殺人の追憶」の頃みたいなのもうれしい。最近、どうもスタイリッシュ&デキル男キム・サンギョンないでたちが多く、小汚いキム・サンギョン好きとしてはイマイチハマれないでいたので、こりゃうれしい♪
アン・ソンギ先生が無力な市民軍をどう取りまとめていくのかをも、見所か。
d0083686_2275014.jpg
去年のワールドカップのときに、光州事件で当時兵役中で、政府側について戦ったというアジュシと話す機会があったが、この事件について、正直あまり語ったことがない、と言っていた。封印されていたに近い韓国の天安門事件とも言うべき事件。意外と最近までこういう事件があった国なんだよね、ってことも知っておくべきことなのかもしれないなぁ~と。

それにしても、これって来年の映画賞かなり意識している作品ですね。
役者的にもストーリー的にも^^;
[PR]
by tongkun | 2007-06-28 21:27 | 映画
<< "우리동네"... 金八かGTOか >>