最後のコトバ
すっかりご無沙汰です。
実は、ちょっと堕ちる出来事があり、珍しく沈んでいた今日この頃。
もう、復活しつつありますが。




d0083686_1814389.jpgとっても遠くの異国に住んでいたため、じっくり語り合う機会がすっかりなくなっていた友人が、先週突然亡くなった。
あまりに突然のことで、最初に知らせを受けたときには、ピンと来ないというのが正直なところで、悲しいという気持ちすら起こらなかった。
ここ5年ほど日本を離れていた生活をしていた彼女。葬儀も現地でやることに。そんな理由もあったのか、私の中では、彼女の死がイマイチ、ピンと来ない。
彼女は、コテコテのブラック姐ちゃんで、柄が悪いサウス系のHIPHOPを愛し、MASTER PかスヌープかJAY-Zの愛人になることを夢見るようなとんでもない女だった。でも、ある日、JAY-Zと2ショットを写真を送ってきたときに、「この女・・・、本当に愛人になるかもしれないなぁ~」と思うほど、魅力的で、タフで、有限実行な姐ちゃんだった。
ここしばらくは、いいダンナにも恵まれ、事業にも成功し、海外でバリバリやっているんだとばかり思っていたのに・・・・。
最近は、韓国モノの音楽や映画にハマっている私に、「いい男は多いかもしれないけど、正直わかんないよ」とくだをまいていた彼女。結局、私が彼女と交わした最後のコトバは、電話での韓音楽ネタ。「聴きもしないで文句言うなよ!聴いてから言いなよね~!」という私の暴言に「相変わらず熱いでんな。だったらMASTER P並にいい韓国のHIPHOPでも送ってちょ」と言われて、それっきりになってしまっていた。
昨日、久々にタワーレコードに行って、JAY-Zやらスヌープやらの新譜の山をみて、初めて彼女がいなくなったことを感じて、超柄が悪いHIPHOPを聴きながら、柄にもなく涙してしまった・・・。合掌。
[PR]
by tongkun | 2006-12-01 18:21 | その他
<< やっぱり血の気が多いのですか? 役作りといえど・・・ >>