연애의 목적 恋愛の目的
d0083686_22234713.jpg去年、映画祭で見逃してからずっと観たかったのになぜか未観になっていたこの作品。
いまさらですが、観てみた。
パク・ヘイル君のいやらしい表情がおちゃめでたまらない、という噂を聴いていたので興味津々。のっけから、期待を裏切らない、スケベっぷりで、♪ という感じで始まったのですが。









ハンディーを多様のカメラワークとか、ヘイル君のスケベっぷりはかなり気に入ったのだが、途中から、ストーリーとは関係なく、妙なことが気になり始めてしまった・・・・。
非常に低レベルな私の発想なのだが、
カン・ヘジョンを挟んで、パク・ヘイルとチョ・スンウの間に亀裂は入らぬのか・・・・・と(笑)。
いや、3人とも実力派の映画人ですからね、ヘイルがヘジョンとどんな濡れ場を演じようとスンウも「あいつもなかなかやるな」と思うのかもしれませんが・・・・^^;
それにしても、ヘイルとヘジョンの濡れ場が、なかなかスゴイ。リアルっていうか(笑)。キスシーンにしても、オイオイっ!!!ってなもんで、ヘジョンの彼であるスンウはなんだかんだ言っても微妙な気分だったはずだし、ヘイルは親友の彼女との濡れ場にちと困ったんじゃないかな~、気が散りまくりでした(笑)。
d0083686_2222934.jpg

映画自体は、なんだか腑に落ちない点も多数あったけど、男と女の関係なんて結構は、適当にはじまってしまうもんだし、自分の思考と別のとこで相手を求めてしまうってこともあるわけだし、まぁ、ふたりの結末もどうなることやら、ってことですよね。始まるかもしれないし、また終わるかもしれないし。恋愛とは意思とは別に動くもんですからね・・・って感じでしょうか。
韓国では、女性に支持された作品らしいけど、男のいやらしい本音がわかってよかったってことなのかな? ヘイル君は、身勝手でいやらしいのに憎めないってテンションを非常に上手に演じていたと思うけど。これはヘイル君じゃないと演じられない役かもね^^

で、私が気になった問題ですが、
スンウとヘイルとスンボム君とで、映画を作ろうって動きもあるようなので、この作品で友情に溝は入らなかった模様(私が俗物ってことね・・・・^^;)。あ、この動き、最初はドングンも入っていたのに・・・・。スンボムが「スンウ、ドングン、ヘイルと4人で青春映画を撮りたいと話し合った」といっていたはず!!! 仲間はずれにしないでね~~♪
d0083686_22304652.jpg

で、もって、こんな素敵な3人の写真も♪ 
d0083686_22322872.jpg

この話題で盛り上がっちゃったペンは、こんなアイコラまで作っておりますがね!
d0083686_2233685.gif
4人でおもいっきりダメダメなスケベな青春映画とか撮ってほしいなぁ~^^
[PR]
by tongkun | 2006-10-02 22:36 | 映画
<< 定例企画:poetry rea... 二番手三人衆 >>