Dr.깽(Dr.ギャング)
d0083686_0233637.jpgレビューは苦手なんで、自分勝手な感想などをボチボチ上げてみようかと。本当は、blogアップ時に、書こうかな~と思っていたのだが、妙に間が空いてしまったのは、実は、途中で観るのを中断していたから^^;
どうもマズイ観かたをしてしまったようで、終盤をオンラインでチラ観してしまったら、思った話と違うような気がして、ちと戸惑いを感じストップ。再度改めて一気観しようと決心。
というのも、そのシーン、ハン・ガインが妙にはしゃいでいるシーンで、ドングンの演技もベタついて見えてしまい、ちょっと観るには時間を置こう、と勝手に思った次第。いや、ハン・ガインに罪はないです^^; カワイイしね、演技も上手と思うのだが、この演出家が描く女性像をどうも、イ・ナヨンで追ってしまうクセがあるもんで、ハン・ガインに馴染むのに少し時間がかかったかもしれない^^;



改めてきちんと観たが、ごめんね、ガイン。やっぱり、あなたの演技にちと馴染めなかった^^;
無鉄砲の突撃娘のドクターって設定なんすが、ちょっとメルヘンが入りすぎの演技が後半になって少しお腹いっぱいになってしまった。ラブラブなのはいいのだが、ちょっとうるさいぞ、ユナ、と思ってしまった感あり・・・^^;
でも、主人公ダルゴ(ドングン)がいたやくざな世界と、甘~いユナ(ハン・ガイン)の世界の2面性を天国と地獄のように描きたかったからなのかもしれないけど。

でも、うりドングンは、やっぱりうまいなぁ~と思った。
"勝手にしやがれ"のときよりも、間の取り方に磨きがかかったというか。
いや、もうグリグリとか呼べんな、とつぶやいてしまった^^;
ラップをやる人だからなのか、彼にはなんともいえない不思議な"間"がある。
d0083686_0574227.jpg非常になんでもない間なんだけど、意識していないように見えて、すげー計算されている間なのかも? と思うときがある。このドラマでもその絶妙な間を感じた。
しかも、ドングン以上に、"King of 間"と呼ぶべき、オ・グァンノクも重要な役で登場。
相変わらずの味な演技を魅せてくれる。ドングンとオ・グァンノクのからみのシーンなどアドリブなんだか、演技なんだか正直わからない(笑)。
でも、きっと演技なのよ^^;
さらに、前半は荒んだこわばった表情をしているのだが、後半になるにしたがって、普通の人になっていくダルゴをうまく演じているなぁ~と思った。
d0083686_0592527.jpgd0083686_165683.jpg








で、このドラマ、私の中では、"プチミュージカルドラマ"という位置づけになっている(笑)。
本当にミュージカルじゃん、って思うほど、歌うシーンが多い。
愛の告白では、歌って踊り、ライムもするし^^; 罪の謝罪では、叫ぶように歌って泣く。
まさに、ミュージカル♪ 
オ・グァンノクなんて満開の花の中踊ります、歌います! 
魅せます魅せますオ・グァンノク節。
切なくシリアスな内容でありながらも、どこかおかしいのは、このミュージカル的要素がプラスされているからかも^^; 基本的に、私はミュージカルはあまり好きじゃないけど、この使い方はちょっとおもしろいと思ったかな。特に、ダルゴが墓場で歌うシーンは、泣けた・・・・。

d0083686_1817100.jpgさらに、ドングンとオ・グァンノクだけでなく、脇にうまい役者が多かった。
"グリーンローズ"で信じられないお粗末な最後を遂げたイ・ジョンヒョク。ドングンと恋敵の検事役で登場なんだが、なんとも微妙にダサい感じが、なかなかうまいと感じた(笑)。私の中では、"第二のキム・ソンス"と命名。濃い眉でいい男と自分で思っているのに、幸せにはなれない男・・・・^^;

d0083686_183647.jpgさらに、私の中でポイントが高かったのが、ダルゴの宿敵、スリー。このスリーを演じたチョ・ジャンシクって人、超ウザイ感じがメチャメチャうまいと感じた。"強力3班"にも出ている役者なのね。ちょっとチェックしてみようと思った。すげーイヤなヤツだが、気になる^^

で、このドラマで個人的に一番よかったのは、ぶっちゃけキスシーンが多かったこと(笑)。
韓国ドラマの必要なとこで、キスをしない展開はいつもイライラしていたので、
素直にキスしてくれるこの展開は、妙に安心(笑)して観ることができた。
いい大人が、しかもやくざだった男がプラトニックにキスさえしないなんてありえないわけで、
やるときゃやる!って展開は、個人的にはよかったと思った。
で、でも、ハン・ガインよ。夫が兵役中にこんなにキスシーンを演じていいのか? と
少しだけ心配もしてみたりして(笑)。
ドングンだから、ダンナも許したのかしら?(あれ?笑)。
ジソブのように白魚のような美しい手が相手の頬に触れるわけでも、インソンのように強引かつキュートなチューをするわけでもなく、なのに、女心をくすぐる演出効果ばっりちのキスシーンやハグシーンが多いのも見所^^; わたしゃ、ドングンペンなんで、ドングンの不意打ちハグにもときめいたりしますが(笑)、一般の女性がどう感じたのか知りたいところ^^;
ただ、韓国ではこのドラマで確実に女性ペンが増えた模様。
d0083686_0542214.jpg

と、ストーリーには一切触れずで、すいませぬ^^;
[PR]
by tongkun | 2006-09-10 00:19 | 양동근★ヤン・ドングン
<< 드렁큰 타이거 (DRUNKE... ユンジンどこへ行く!? >>