YDG 3RD ALBUM
d0083686_424590.jpg本日、やっと入手したドングンの3集アルバム。
日本に届くの遅すぎだよ。1ヶ月経っちゃったじゃないの。
まぁ、サイトなどで曲は大体聴いていたのだが、
このアルバム、よい。
いや、よいなんてもんじゃない、相当よい。
っていうか、今年買ったK系、いや、購入CDの中でも1~2を争うぐらい気に入った!




HIPHOPのアルバムってやつは、1枚フルに聴き込めるアルバムっていうのは、実はなかなかない。我が家にある200枚近いHIPHOPのアルバムの中でも、1枚をとことん聴き込んだ、というアルバムは、う~ん、15枚あるかな~って感じだ。基本的に、HIPHOPの場合、収録曲数が多いので、3~4曲気に入ったものがあると、"買い"ってパターンで購入することが多い。

d0083686_4415873.jpgぶっちゃけ、ドングンの1集は、ちょっと聴いてみたいかもってノリで購入。へぇ~意外といいじゃん、って感じで、気に入った曲が18曲中4曲ぐらいあった。でも、全体的にアレンジに統一感がなくて、流行のサンプリングやリフを集めたって感じが否めなかった。ドングンのライムもSNOOP DOGG を思いっきりパクった声質にしていたりして、うむ・・・・と思う点も。まぁ、色々冒険してみたかったのね、という感じの1枚。
でも、1曲"SHOUT OUT TO"って曲が激気に入って、まぁ、買って損した気にはならなかった。

d0083686_4523411.jpg2集の"Travel"は、1集に比べると、ドングンのライムが格段にうまくなっている。やっと自分のライムカラーをつかんだという感じ。実は、購入して先に聞いたのは、1集よりも2集が先だった。featuringものを多くして、あまりコアにならないように、メロディライン重視の曲が多いのがこのアルバムの特徴だ。ジソブがドラマで歌ってくれたおかげで、日本でも少しだけ認知された"청춘(青春)"は、内容は相当コアだけど、メロディラインがキレイなので、ヒットしたのもうなづける。
このアルバムからDRUNKEN TIGER(Tiger JK)が参加しているのもポイント。

d0083686_5293073.jpgで、で、で、この3集。
がっつりと、DRUNKEN TIGER(Tiger JK)とタグを組み、彼の存在も色濃く出てはいる。でもそれが、プラスに働いている気がした。UKパクリ系オンリーのリフではなく、韓国らしい泥臭さを残しながら、全体が非常にいい感じにまとまった統一感もある。泥臭いのに洗練されているというアンビバレンツなバランス感が、個人的には絶妙と感じた作品。私のHIPHOPの心の師匠GANGSTARRの名曲"MASS APREAL"を聴いたときのような、ハマり感があった。
と、いったら褒め過ぎかしら・・・(笑)。
しかし、2集以上に、ドングンのライムがいい。基本的に、"もっこし声(命名・自分^^;)"(ちょっとこもった低い声質ってこと)のラッパーが好きなので、ドングンもその領域に達してくれて、なにより♪ 
いや、惚れました・・・・・・・。ヤバイ、わん。
で、特に気に入ったのは、
8曲目の"영원히 너와(永遠にお前と)"。美メロ系で惚れるぜ、ドングン(しつこい・・・^^;)
15曲目の"예수쟁이 (クリスチャン)"。即興ライム風がよいかも。
6曲目の"임마누엘"も意外と好き。
7曲目の"R.E.S.P.E.C.T "は、Bobby Kimの曲をサンプリングしていて、UKものだけでなく、K音楽内でサンプリングしているのが非常におもしろい^^
でも、やっぱり"거울"は名曲。なんど聴いてもこの曲のリフは、やられる・・・・。
最後にオマケについている、"Extreme"はハードロック系でこれもツボ。

韓国的には、DRUNKEN TIGER(Tiger JK)の色が非常に濃い、"RUN"がアルバムの中では一番人気が高いよう。まぁ、DRUNKEN TIGER人気もあるのだろうが、この手の泥臭い感じは非常にK-HIPHOPらしいと思う。

でも、今回、歌詞の内容がよろしくないってことで、KBS,SBS、MBCから放送禁止になった
曲もいっぱい・・・。でもさ、基本的にHIPHOPって、そういうカテのものなわけで、万人に聴いてウケちゃうほうが、おかしいから、別にいいんじゃないのぉ~って感じはする。しかも、歌詞読んで、何がまずいんだか私にはぶっちゃけわからなかった。そんなに露骨な表現はない気が。まぁ、韓国語のスラングまでわかるわけじゃないから。歌詞のニュアンスとしてはまずくはないと思ったけど。

ってことで、美メロですっかり参った"영원히 너와(永遠にお前と)"を
[PR]
by tongkun | 2006-08-19 02:36 | 양동근★ヤン・ドングン
<< JAZZとHIPHOP 男と女 >>